腰椎変性すべり症(ようついへんせいすべりしょう)について

腰椎変性すべり症とは?

腰椎変性(ようついへんせい)すべり症は、世間であまり知られてない
病気かも知れません。

 

そのため、自分では症状が分からず、悪化してから病院へ駆け込む
というケースも少なくありません。

 

腰椎変性すべり症は、腰椎を構成している一部の「椎体(ついたい)」
がズレて、痛みがおこる病気です。

 

ここでは、腰椎変性すべり症の原因や症状、対策などについて書いて
行きます。

腰椎変性すべり症(ようついへんせいすべりしょう)について記事一覧

腰椎変性すべり症かも?症状を知っておこう

腰椎変性すべり症は、長年の悪い姿勢や腰椎の負担によって、腰椎を構成している一部の「椎体(ついたい)」がずれて痛みが起こります。もともと椎体が分離していた場所に負担がかかって「ズレ」が生じた場合、「腰椎分離すべり症」と言います。腰椎変性すべり症は、比較的中高年の方に多く、腰椎分離すべり症は、若年層で激...

≫続きを読む

 

腰椎変性すべり症の原因

まず、腰椎変性すべり症の原因を見てみましょう。腰椎分離すべり症は、特に40代(特に女性)からの患者が多いと言われていることは前述しました。そのため、加齢による「腰椎の老化」も原因のひとつとして考えられています。さらに、女性の場合、40代はホルモンが低下していく時期ですから、いろいろな努力をしても、肥...

≫続きを読む

 

腰椎変性すべり症の治療とホームケア

腰椎変性すべり症の治療について書いて行きます。まず、腰の骨である腰椎がずれると、身体を動かすたびに椎骨(ついこつ)と椎骨の間隔が変わり、結果として痛みを感じます。ですから、身体を動かすたびに腰痛を感じたり、腰や大腿部がしびれたりする場合は、腰椎にズレが生じていると考えましょう。もちろん、シロウトの視...

≫続きを読む