腰の痛みが右側の時は内臓が悪い?

スポンサードリンク

腰の痛みが右側に出る時は内臓が悪いの?

腰痛 右側 内臓

 

腰の痛みが右側に出る場合、内臓の病気が原因という場合があります。

 

ご存知のようjに、腰痛にはいろいろな原因がありますし、実は「腰の痛みの感じ方」も人によって異なります。

 

たとえば、腰の痛み方に対して「キリキリ痛む」と、表現する人もいますが、ズキズキ痛むという表現の人もいらっしゃいます。

 

また、背中の近くが痛い、ウエストが痛い、下腹部が痛いなど、同じ原因であっても「痛む場所」の感じ方は、いろいろなのです。

 

そして、腰の痛みが右側だけに出るし、お腹も痛むから内臓が原因ではないか?と心配をする方もいらっしゃいます。

 

ただ、前述しましたように、痛みの「感じ方」も、痛みを「感じる場所」も、必ずしも、その感覚が正しいとは言い切れません。

 

しかし、腰の痛みが発症し、内臓疾患も気になる方にとっては、右側だけが痛むというのは、かなり心配なことでしょう。

 

ここでは、そんな右側だけ腰の痛みが出る場合の症状、また、内臓などに代表される病気についてご説明します。

腰の痛みが右側に出る内臓の病気 見分け方

腰の痛みが右側に出た場合に、考えられる「内臓の病気」について説明します。

 

ただ、その前に、腰の痛みが内臓が原因か、そうでないかを見分ける簡単な方法からご紹介します。

 

たとえば、上体を前屈みにしたり、腰をひねったりした時、右側に腰の痛みを感じるなら、筋肉が原因である可能性が高いです。

 

一方、内臓が原因の場合は、こういった動作で右側の腰の痛みが出ることは、ほとんどありません。

 

逆に、動いてないのに右側の腰が痛むという場合は、内臓の病気や機能低下が原因である可能性があります。

 

まずは、自分でカンタンにチェックできる方法ですので、試してみてください。

 

それでは、右側に腰の痛みが出る場合に考えられる「内臓疾患」を、いくつかご紹介しましょう。

腰の痛みが右側に出る内臓の病気とは?

【遊走腎(ゆうそうじん)・腎下垂(じんかすい)】

 

腰の痛みが右側に出る内臓の病気に、遊走腎(腎下垂)があります。

 

腎臓は、もともと体の中に固定されているわけではなく、呼吸や運動の反動などで微妙に動いて、また元に戻るというのを繰り返しています。

 

ところが、そんな自然な可動域から大きく腎臓が下垂することで、腰痛を起こすのです。

 

極端な例では、腎臓が骨盤の中にまで下がってしまうケースもあります。

 

痛みの特徴としては、起きている状態で腰痛として現われたとしても、横になって時間が経過するとまったく痛まなくなったりします。

 

遊走腎(腎下垂)は、主に右側の腎臓に発症しやすい疾患です。

 

一般的になりやすい人は、「やせた女性」で、脂肪量が少なくて発育が悪い場合に多く見られる傾向です。

 

また、腹筋が弱いというのも、腎臓が下垂しやすい原因とも言えます。

 

【虫垂炎】

 

虫垂炎とは、いわゆる「盲腸」です。

 

虫垂炎は、文字通り「虫垂」が何かの原因によって、感染や炎症を引き起こす病気です。

 

通常、おへその周辺に激痛が走ります。

 

その後、右腰や下腹部近辺に出ることが多く、発熱、腹痛、嘔吐などの症状が現れます。

 

【肝臓の炎症】

 

肝臓に炎症が生じた場合も、右側の腰の痛みが現れることがあります。

 

一般的によく言われるように、肝臓には神経が通っていませんので、痛みを感じることがありません。

 

しかし、肝臓の近辺にある組織が痛みを感じますので、右側の腰の痛みと、なることがあります。

 

【その他の内臓の病気】

 

その他にも、胃潰瘍なら右側の腰の痛みに加えて、腹痛があります。

 

十二指腸潰瘍の場合も、腹痛を伴い、食欲不振になったり胸焼けがする
という症状があります。

 

胆石症、胆のう炎なども、腰の痛みが右側に出てしまう内臓の病気です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

右側
右側だけが腰痛になるという方がいらっしゃいます。ここでは右側だけの腰痛の原因について書いて行きます。
左側
左側だけが腰痛になるという方がいらっしゃいます。ここでは左側だけの腰痛の原因について書いて行きます。
左の腰が痛い 腎臓
左の腰が痛い!という時に腎臓の病気が疑われることがあります。ここでは左の腰が痛いということと腎臓疾患についてご説明します。