右側だけ腰痛になった場合

スポンサードリンク

右側・左側どちらか片側だけ腰痛になったら?

腰痛 右側

 

身体の右側だけが腰痛になるという場合があります。

 

まずは、右側だけの腰痛の原因を、筋肉という観点からお話します。

 

ご存知のように日本人は右利きが多いですよね。

 

そのため、右側の筋肉を多く使ったり、右側に重心がかかったり、何かと右側に意識が集中する傾向があります。

 

基本的に、人間は左右のバランスを取りながら活動しています。

 

片側にだけ疲労が溜まると、だんだんバランスが崩れ、頸椎や骨盤の歪みも起こりやすくなるのです。

 

その歪みに対する負荷が右側にかかった場合は「右側の腰痛」となって現れます。

 

もちろん、左側にかかった場合には「左側の腰痛」となるわけです。

 

このような「片側腰痛症状」がそれほど酷くない場合には、あまり神経質にならず、しばらく安静にしておけば自然と治ることも珍しくありません。

 

日常生活においての「姿勢」に気を配ることも大切です。

 

例えば、立っている場合なら、左右どちらか片方にだけ重心を傾けないようにする。

 

もしくは、イスに座る時には足はなるべく組まずに、深く腰掛ける・・・など、普段の生活習慣をちょっとだけ注意することが大切です。

右側・左側どちらか片方の腰痛が続く場合

右側、もしくは左側だけの腰痛がしばらく続くようなら、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)などが疑われます。

 

腰痛がしばらく続く場合は放っておかず、一度「整形外科」などでキチンと診断してもらった方が良いです。

 

また、筋肉以外の原因としては、内臓疾患によって「片側腰痛症状」が引き起こされている可能性もあります。

 

例えば、泌尿器系ですと、尿路結石、膀胱炎、腎盂炎など。

 

高齢者の男性でしたら、前立腺肥大症も考えられます。

 

消化器系なら、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胆石等が考えられます。

 

内臓疾患による腰痛は、痛みと共に重苦しいような「違和感」を伴うことが多いです。

 

右側・左側の腰痛が続いて不安を感じるような場合は、早急に病院へ行って診断してもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

右側・内臓
腰の痛みが右側に出る場合、内臓の病気が原因というケースがあります。ここでは右側に腰の痛みが出る場合に考えられる内臓疾患についてご説明します。
左側
左側だけが腰痛になるという方がいらっしゃいます。ここでは左側だけの腰痛の原因について書いて行きます。
左の腰が痛い 腎臓
左の腰が痛い!という時に腎臓の病気が疑われることがあります。ここでは左の腰が痛いということと腎臓疾患についてご説明します。