妊婦が坐骨神経痛になる原因とは?

スポンサードリンク

妊婦が坐骨神経痛になる原因とは?

妊婦 坐骨神経痛原因

 

妊婦さんが坐骨神経痛になる原因について、少し詳しくご説明します。

 

妊娠したことによって坐骨神経痛になってしまう方は、けっこう多いです。

 

妊婦さんのふだんの姿勢を見れば、なんとなく腰痛になりやすいイメージがありますが、細かい原因については、あまり知られていないでしょう。

 

妊婦さんは、坐骨神経痛の原因がどんなことにあるのかが分からないと、赤ちゃんのこともありますし、とても不安だと思います。

 

実は、妊婦さんが坐骨神経痛になってしまう原因は、大きく分けると2つあります。

 

それでは、早速ご説明しましょう。

妊婦の坐骨神経痛 妊娠初期の原因は「リラキシン」

妊婦の坐骨神経痛の一つ目の原因は「女性ホルモン」によるものです。

 

妊婦さんは、妊娠初期になると「リラキシン」と呼ばれるホルモンの分泌が活発になります。

 

リラキシンは、子宮や卵巣、胎盤などから分泌されている「女性ホルモン」の一種です。

 

実は、このリラキシンには、「関節やじん帯を緩める」という働きがあります。

 

このリラキシンの働きのおかげで、赤ちゃんを産む時に骨盤が開いて、産道の通りがよくなるわけですね。

 

つまり、リラキシンの分泌そのものは、スムーズな出産をためには不可欠な仕組みと言えるのです。

 

ところが、このリラキシンの分泌のおかげで、坐骨神経痛にもなりやすいとも言えます。

 

骨盤を安定させている靭帯がゆるむわけですから、結果的に身体の骨格も不安定になります。

 

そのために、骨盤等の骨に歪みが出てしまい、それが坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛が出てしまうのです。

 

まだお腹も大きくなくて、腰が反っているわけでもないのに、坐骨神経痛になっている妊婦さんは、このリラキシンの働きが原因と考えるのが自然でしょう。

妊婦の坐骨神経痛 妊娠中期~後期の原因は「体重増加」

妊婦さんの坐骨神経痛、二つ目の原因は「体重増加」です。

 

妊婦さんはご自身でキチンと調整しても、胎児がお腹で大きくなっていくことによって、体重が増加します。

 

そこへプラスして「背骨が反る」という現象が起きますので、腰椎や仙骨等に大きく負担がかかり、坐骨神経痛になりやすくなります。

 

もちろん、前述したリラキシンの作用もあり「じん帯」が緩みますので、さらに骨格に歪みが出てしまい、坐骨神経を圧迫して、腰痛に拍車をかけます。

 

ちなみに、妊娠しても、まったく腰痛が出ないという妊婦さんも、もちろんいらっしゃいます。

 

その場合は、もともと「筋肉に柔軟性があって血行が良い」という方が多いようです。

 

妊婦さんの「坐骨神経痛」の原因を解消するためには、柔軟性を高めて、体重増加を防ぐということが、とても大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

腰痛原因・女性
腰痛の原因は、男性よりも女性の方が多く存在すると言われています。女性特有の腰痛の原因を2つに分けてご説明します。
生理
生理の時に腰痛になるという女性は多いですね。ここでは生理と腰痛の関係について書いて行きます。
妊娠
妊娠中、腰痛になるという方は多いですね。ここでは妊娠と腰痛の関係について書いて行きます。
産後に腰が痛い
産後に腰が痛いと訴える女性は多いですよね。ここでは、産後に腰が痛いとお悩みの女性に、その原因と対処法についてご説明します。
妊娠の坐骨神経痛
妊婦さんに坐骨神経痛の症状が現れることは珍しいことではありません。ここでは、妊婦さんに坐骨神経痛の症状が現れた場合の原因や対策についてご説明します。
坐骨神経痛ストレッチ
妊婦さんに坐骨神経痛の症状が現れた場合、ストレッチを行うことで改善することがあります。ここでは、妊婦さんのための坐骨神経痛ストレッチについてご説明します。
女性の腰痛 右側
女性の腰痛が右側にだけ起きる原因とは、いったい何でしょうか?ここでは女性の腰痛が右側だけに起きる場合の原因や対処法についてご説明します。
腰痛体操
妊婦さんはお腹が大きくなるにつれて腰痛になってしまい、腰痛体操が必要になることがあります。ここでは妊婦さんのための腰痛体操についてご説明します。
ぎっくり腰と生理
ぎっくり腰と生理(月経)には、どんな関係性があるのでしょうか?ここでは、ぎっくり腰と生理(月経)の関係性についてご説明します。
ぎっくり腰と妊婦さん
ぎっくり腰は妊婦さんに起きやすいと言われるのはナゼでしょうか?ここではぎっくり腰と妊婦さんの関係性についてご説明します。