腰の筋肉の炎症による腰痛

スポンサードリンク

腰の筋肉の炎症による腰痛について

腰痛 炎症

 

腰痛は、腰回りの筋肉の炎症が原因で起きることが良くあります。

 

健康な人で、ある日突然、家や会社でひどい腰痛が起こった方はいらっしゃいませんか?

 

そんな方は、前日の行動をちょっと振り返って見てください。

 

ゴルフで頑張りすぎたとか、引っ越しで重い荷物を運んだとか、明らかに腰に負担をかけるような動きをしていませんでしたか?

 

それが、普段使っていない筋肉を動かしたのれあれば、なおのことです。

 

実は、腰の筋肉も、他の筋肉と同じということ。

 

炎症を起こしたり、挫傷(ざしょう)したり、肉離れを起こすことがあるのです。

 

腰の筋肉を、自分の筋力以上に動かせば筋肉疲労による「筋肉痛」になります。

 

炎症を伴う腰痛の一つの形は、腰回りの「筋肉痛」で、これを筋性腰痛症、または筋・筋膜性腰痛と言います。

 

筋性腰痛症は、腰回りの筋肉が硬直した状態になっています。

 

「腰の筋肉が極度に硬直する=腰痛」となります。

 

それが急激に起こった場合は、あの魔女の一撃「ぎっくり腰」として現れるのです。

疲労物質が蓄積して炎症が起きる腰痛

炎症による腰痛は、疲労物質が蓄積して起きることがあります。

 

たとえば、自宅や仕事場でパソコン作業のため長い時間、同じ姿勢を取り続ける方は多いですよね。

 

その場合も、筋肉の組織に「疲労物質」が蓄積して炎症を起こすことがあります。

 

長時間同じ姿勢を続けていると、静脈が圧迫され、老廃物の排出や筋肉の緊張成分の排出ができなくなります。

 

そのため、いつまでも痛みやだるさが残りますので注意が必要です。

 

炎症による腰痛が刺すように強い時は、まずは炎症を鎮める必要があります。

 

その場合は、安静にしてアイシング(冷やす)ことが大切です。

 

逆に、慢性的な腰痛(重苦しい、にぶい痛み)の場合は、温めることが重要となりますので間違えないようにしましょう。

 

突然の激痛が、数時間たっても痛みがおさまらないなら、キチンと整形外科で見てもらうことをおススメします。

 

レントゲンの検査で異常がないなら、薬を処方してもらって、しばらく安静に生活をする良いですね。

 

腰痛が疲労による筋肉の炎症なら、2〜3日で症状がおさまります。

病気で腰の周辺が炎症を起こしている腰痛

腰痛には、脊椎の炎症や脊椎の腫瘍、内臓疾患が原因ということもあります。

 

その場合、まず痛みの度合いと、他に症状があるかどうかをチェックしてみましょう。

 

病気による炎症が原因の腰痛の特徴は、「どんな体勢でも痛む」ということです。

 

菌の感染による炎症が原因の腰痛なら、「化膿性脊椎炎(かのうせいせきついえん)」や「結核性脊椎炎(けっかくせいせきついえん)が考えられます。

 

内臓疾患なら、腹部大動脈瘤、腎盂腎炎、尿路結石、膀胱炎、前立腺肥大症など多数の病気が存在します。

 

女性特有の病気なら、子宮筋腫、卵巣炎、卵巣膿腫などが考えられます。

 

その場合には、そもそも筋肉疲労や骨の変形などは原因にありません。

 

ですから、早めに病院へ行って診断してもらうことが大切です。

 

「どんな体勢でも痛む腰痛」にはくれぐれも注意してください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

歩けない
腰痛は痛すぎて歩けない状態になってしまうことがあります。歩けない状態になった時の腰痛について書いて行きます。
繰り返す
腰痛を繰り返すというケースがあります。腰痛になって良くなったと思ったのにまた腰痛になった。嫌なパターンですね。ここでは繰り返す腰痛の対処法についてご説明します。
寒気(悪寒)
腰痛といっしょに寒気(悪寒)を伴う場合があります。腰痛と寒気の関係についてご説明します。
風邪
風邪をひく度に腰痛になってしまう方がいらっしゃいます。風邪の時に咳、くしゃみ、鼻水ではなく腰痛になるというのです。ここでは風邪と腰痛の関係についてご説明します。
動悸
腰痛に動悸を伴うというケースがあります。ここでは腰痛と動悸との関係についてご説明します。
吐き気
腰痛と吐き気が同時に襲ってくるケースがあります。吐き気をともなう腰痛には様々ありますが、代表的なものをいくかご紹介します。
おなら
腰痛になった時におならが止まらないというケースがあります。ここでは腰痛とおならとの関係についてご説明します。
血尿
腰痛に血尿が伴うという場合があります。腰痛と血尿の密接な関係について書いて行きます。
血尿と病気
腰痛に血尿が伴うという場合があります。腰痛と血尿という症状が同時にあらわれる病気について書いて行きます。
便秘
便秘と腰痛が関係していることは意外と知られていないようです。便秘と腰痛との密接な関係について書いて行きます。
内臓・下痢
腰の痛みと下痢が同時に起きて「もしかすると内臓疾患かも知れない」と心配になった方はいらっしゃると思います。ここでは腰の痛みと内臓・下痢の関係についてご説明します。
おしり
腰痛はおしりの筋肉がが原因で起きることもあります。おしりと腰痛の関係について書いて行きます。
朝だけ
腰痛が朝だけ起きるという症状があります。朝の腰痛がなぜ起きるのかについて書いて行きます。
安静
腰痛の時に安静にすべきですか?それとも動くべきですか?と質問される方がいらっしゃいます。安静か動くべきかは腰痛の症状によって変わってきます。
雨の時に腰痛の人が増えるのは何故なのでしょうか?腰痛と雨との関係について書いて行きます。
うつ病
腰痛とうつ病には密接な関係があると言われています。腰痛とうつ病の関係についてご説明します。
牽引
腰痛の際、整形外科で牽引療法という治療を行うことがあります。ここでは腰痛と牽引の関係について書いて行きます。