腰痛と寒気(悪寒)

スポンサードリンク

腰痛と寒気(悪寒)が同時に起きることについて

腰痛と寒気

 

腰痛と寒気(悪寒)が同時に起きることがあります。

 

もちろん、その理由はいろいろと考えられます。

 

ただし、以下のような特徴の「腰痛」や「その他の症状」があらわれている時は「腎盂腎炎(じんうじんえん)」を疑った方が良いかも知れません。

 

【腎盂腎炎の症状】

 

  • 鈍くて重い感じの腰痛、脇腹や背中の痛み
  • 残尿感をともなったり、尿そのものの回数が増加
  • 寒気、ふるえ、高熱、吐き気、体中がだるい

 

腎盂腎炎の初期症状としては、寒気(悪寒)から始まり、高熱を伴うことが多いです。

 

寒気、全身の重だるさ等の症状が出ることもあります。

 

痛みは、腰やワキ腹、背中にかけて起きることが多く、胸がムカムカしたり、吐き気、嘔吐となる場合もあります。

 

腎臓の疾患ですから、おしっこをした後も「残尿感」をともない、尿の回数も増えます。

 

酷くなると、おしっこをする時に、激痛が走ります。

 

小さな子供やお年寄りの場合は、症状が重くなることで脱水による意識障害に陥ることもあります。

 

もっと重度になると、感染した細菌が血流から全身に広がっていき、命に関わることもありますので注意が必要です。

腰痛と寒気を伴う「腎盂腎炎」の原因と特徴

腎盂腎炎

 

腎盂腎炎(じんうじんえん)は、腎盂という尿が溜まる場所に細菌が繁殖して、その結果「腎臓」にまで炎症が広がった病気のことです。

 

主な原因は、尿道から感染した細菌(大腸菌のような腸内細菌が多い)が尿管をさかのぼっていくことで、腎盂にまで広がることで起きます。

 

通常、腎盂腎炎は、細菌が身体の免疫力により退治されたり、おしっこによって体外へ排出されるため、簡単に起きることはありません。

 

ただし、尿管結石や、糖尿病、男性の場合なら前立腺肥大症などの疾患によって、腎盂腎炎になることが考えられます。

 

心配な場合は、泌尿器科などで診断してもらいましょう。

 

ちなみに、腎盂腎炎は、男性よりも尿路感染症にかかりやすい女性の方が発病率が高く、およそ2倍とも言われています。

腎盂腎炎の治療

腎盂腎炎は、ふつうに病院へ行ってキチンと治療してもらえば、問題なく治る病気です。

 

ただし、症状に気づかず放置していたり、完治していないのに治療を怠れば、再発を繰り返してしまうと慢性化する恐れがあります。

 

腎盂腎炎は、急性と慢性を比べる、と症状そのものは、慢性の方が軽いです。

 

しかし、症状が軽いことをイイことに放っておくと、病気の進行とともに腎機能がジワジワと蝕まれ、結果的に腎不全となることも考えられます。

 

腰痛や寒気、または上記のような症状がある場合には、病院へ行って「尿検査」「血液検査」を受けることをおススメします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

歩けない
腰痛は痛すぎて歩けない状態になってしまうことがあります。歩けない状態になった時の腰痛について書いて行きます。
繰り返す
腰痛を繰り返すというケースがあります。腰痛になって良くなったと思ったのにまた腰痛になった。嫌なパターンですね。ここでは繰り返す腰痛の対処法についてご説明します。
風邪
風邪をひく度に腰痛になってしまう方がいらっしゃいます。風邪の時に咳、くしゃみ、鼻水ではなく腰痛になるというのです。ここでは風邪と腰痛の関係についてご説明します。
動悸
腰痛に動悸を伴うというケースがあります。ここでは腰痛と動悸との関係についてご説明します。
吐き気
腰痛と吐き気が同時に襲ってくるケースがあります。吐き気をともなう腰痛には様々ありますが、代表的なものをいくかご紹介します。
おなら
腰痛になった時におならが止まらないというケースがあります。ここでは腰痛とおならとの関係についてご説明します。
血尿
腰痛に血尿が伴うという場合があります。腰痛と血尿の密接な関係について書いて行きます。
血尿と病気
腰痛に血尿が伴うという場合があります。腰痛と血尿という症状が同時にあらわれる病気について書いて行きます。
便秘
便秘と腰痛が関係していることは意外と知られていないようです。便秘と腰痛との密接な関係について書いて行きます。
内臓・下痢
腰の痛みと下痢が同時に起きて「もしかすると内臓疾患かも知れない」と心配になった方はいらっしゃると思います。ここでは腰の痛みと内臓・下痢の関係についてご説明します。
おしり
腰痛はおしりの筋肉がが原因で起きることもあります。おしりと腰痛の関係について書いて行きます。
朝だけ
腰痛が朝だけ起きるという症状があります。朝の腰痛がなぜ起きるのかについて書いて行きます。
筋肉の炎症
腰痛は、腰回りの筋肉の炎症が原因で起きることが良くあります。炎症をともなう腰痛について書いて行きます。
安静
腰痛の時に安静にすべきですか?それとも動くべきですか?と質問される方がいらっしゃいます。安静か動くべきかは腰痛の症状によって変わってきます。
雨の時に腰痛の人が増えるのは何故なのでしょうか?腰痛と雨との関係について書いて行きます。
うつ病
腰痛とうつ病には密接な関係があると言われています。腰痛とうつ病の関係についてご説明します。
牽引
腰痛の際、整形外科で牽引療法という治療を行うことがあります。ここでは腰痛と牽引の関係について書いて行きます。