腰椎分離症の好発年齢とは?

スポンサードリンク

腰椎分離症の好発年齢〜若くても無理は禁物です〜

腰椎分離症 好発年齢

 

腰椎分離症の好発年齢は、いわゆる成長期、思春期の若い方に多いようです。

 

また、若い時期に軽い腰痛だと軽んじて検査をせずに、大人になってから腰痛で検査したら実は腰椎分離症だったなんてことはザラにあります。

 

なので、好発年齢の時期に腰椎分離症になっている人はもっと多いかもしれません。

 

ここでは、腰椎分離症に好発年齢についてご説明します。

腰椎分離症の好発年齢が若者に多い理由は?

では、なぜ腰椎分離症の好発年齢が成長期の若者に多いのでしょうか?

 

それには、いくつか理由があります。

 

まず、骨そのものが完全に成長しきっていない時期だから、好発年齢となると考えられています。

 

成長期には、骨が伸びたり強くなったりするための隙間(骨端線)というものがレントゲンで見て取れます。

 

まだこの骨端線がある時期は、骨の強さとしては大人よりも柔らかい時期と考えられます。

 

そのため、一部の骨に繰り返し負荷がかかり続けると「疲労骨折」のようになってしまうのです。

 

もちろん、大人になっても骨にストレスが加わるのですが、腰椎分離症の好発年齢である成長期のほうが体全体が柔らかく、大人は固いことが多いので、局所の骨へのストレスの量が実は柔らかいほうが大きくなってしまうのです。

 

さらに、腰椎分離症になる生活習慣の中で成長期の方に多いのがスポーツです。

 

野球、バレーボール、競泳、ダンスなどなど体を反ることが多いスポーツは、特によく腰椎分離症を引き起こしています。

 

間違ったフォームで繰り返し練習を行うために起きるのですが、いざ痛みが出ても最初は軽かったり、指導者へ言いにくかったりなどのことがさらに腰椎分離症をおきやすくさせるのです。

 

成長期の腰椎分離症は早期に発見し、適切な対処をとれば骨がきちんとくっつきます。

 

そのタイミングを逃すと一生分離したままになります。

 

その大切な時期をどう過ごすかがポイントとなります。

 

若いうちの腰痛には特に注意していきましょう。

腰椎分離症の好発年齢〜今しかないんだ!〜

腰椎分離症は思春期や成長期の若い方に頻発する腰痛の一つです。

 

痛みを出すことはあっても軽いことも多く、医療機関を受診しないまま腰椎分離症に気づかない場合があります。

 

また、医療機関の受診が遅れてしまい、せっかく分離した骨がくっつく可能性があったのにその時期を逃してしまうなんて場合も多く聞かれます。

 

好発年齢の時に、気を付けることがあるのでしょうか?

 

もちろん腰が痛ければ医療機関を早く受診すべきでしょう。

 

状態によっては何度も通う必要はありません。

 

腰椎分離症のなりかけ程度であれば、生活習慣の改善やスポーツのフォームの見直しで改善してくることも多いです。

 

何より「分離しているかどうか」のチェックが大切なのです。

 

分離していればコルセット等で腰部を固めて骨がくっつくのを待つことになりますし、なりかけているくらいで済んでいるのであれば、習慣の改善などで負担を少なくすれば骨の状態もよくなっていきます。

 

腰椎分離症の好発年齢の時に予防することはできないのでしょうか?

 

もちろんそれも可能です。

 

やはり成長期にあたり、筋肉も、骨もすべてがどんどんと成長し大きくなっていく時期です。

 

それぞれが同時に成長するわけでないためどうしても体が硬くなりがちです。

 

腰椎分離症だから腰回りのストレッチでしょ?と思われるかもしれませんね。

 

しかし、実は肩甲骨周りだったり、お尻、太ももの前の筋肉など腰を挟んだ上下の部分を大きく動かしたり、ストレッチしたりがとても重要になります。

 

単純に肩甲骨を回すなどの動作でも準備運動としてしっかりと行うことで腰椎分離症の予防になると考えられます。

 

スポーツのフォームに関してはそれぞれの競技の特性があるため何とも言えませんが、腰だけが反るのではなく背骨全体がしなやかに反るような動作を作っていくことがパフォーマンスの向上にも、腰椎分離症の予防にもつながっていきます。

 

若い時期はまだまだ治る可能性があり、将来的にも大切な時期です。若いうちに適切な対処をとって腰椎分離症を予防していきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状
腰椎分離症(ようついぶんりしょう)は10代のスポーツ選手などに多い腰痛の原因です。ここでは腰痛分離症の症状や特徴について書いて行きます。
原因
腰椎分離症の原因の一つとして、スポーツなどの激しい運動によって起きるということが挙げられます。ここでは腰痛分離症の原因についてご説明します。
応急処置
腰椎分離症になった時どのような応急処置を行えばよいのでしょうか?ここでは腰痛分離症の応急処置についてご説明します。
生まれつき
腰椎分離症が生まれつきだという話がありますが、どういうことでしょうか?ここでは、腰椎分離症が生まれつきの場合、生まれつきでない場合についてご説明します。
肥満
腰椎分離症と肥満には、何か関係があるのでしょうか?ここでは、腰椎分離症と肥満との関係性についてご説明します。
反り腰
腰椎分離症と反り腰にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは、腰椎分離症と反り腰の関係性についてご説明します。
立ち仕事
腰椎分離症と立ち仕事には、なにか関係性があるのでしょうか?ここでは、腰椎分離症と立ち仕事の関係性についてご説明します。
歩けない
腰椎分離症によって歩けないという方がいらっしゃいます。ここでは、腰椎分離症によって歩けない状態になる原因や対処法についてご説明します。
足のしびれ
腰椎分離症になって足がしびれるという方がいらっしゃいます。ここでは、腰椎分離症によって足がしびれる原因や対処法についてご説明します。
痛くない
腰椎分離症になったのに痛くないというケースがあります。ここでは、腰椎分離症で痛くないケースについてご説明します。
禁忌
腰椎分離症になって、知らず知らずのうちに禁忌を行っているケースがあります。ここでは、腰椎分離症の禁忌についてご説明します。
違和感
腰椎分離症になっているとは知らずに腰の違和感を訴えるケースがあります。ここでは、腰椎分離症と腰の違和感との関係についてご説明します。
炎症
腰椎分離症による炎症とは一体どのような症状なのでしょうか?ここでは腰椎分離症と炎症との関係、また原因や対処法についてご説明します。
おしり
腰椎分離症で、おしりに痛みやしびれを発症する場合があります。ここでは腰椎分離症とおしりの症状についてご説明します。
膝の痛み
腰椎分離症になった方が膝の痛みを訴えるケースがあります。ここでは、腰椎分離症と膝の痛みとの関係性についてご説明します。
押すと痛い
腰椎分離症になった方が押すと痛いと訴えるケースがあります。ここでは、腰椎分離症を押すと痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
片側
腰椎分離症になった方が片側が痛いと訴えるケースがあります。ここでは、腰椎分離症で片側が痛い場合の原因や対処法についてご説明します。
繰り返す
腰椎分離症になった方が痛みを繰り返すケースがあります。ここでは、腰椎分離症で痛みを繰り返す場合の原因や対処法についてご説明します。
背筋
腰椎分離症になったら背筋を鍛えた方が良いという話がありますが本当でしょうか?ここでは、腰椎分離症と背筋についてご説明します。
椎間板ヘルニアとの違い
腰椎分離症と椎間板ヘルニアの違いは、どういうところにあるのでしょうか?ここでは腰椎分離症と椎間板ヘルニアの違いについて詳しくご説明します。
カルシウム
腰椎分離症にはカルシウムが良いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?ここでは腰椎分離症とカルシウムの関係について詳しくご説明します。
大人
腰椎分離症が大人になってから発症したという方がいますが、本当でしょうか?ここでは腰椎分離症が大人になって発症したというケースについて詳しくご説明します。
安静期間
腰椎分離症になった場合、安静期間はどれくらいを見ておけばよいのでしょうか?ここでは腰痛分離症の安静期間についてご説明します。
ストレッチ
腰椎分離症は効果的なストレッチを行うことでかなり改善することができます。ここでは、そんな腰椎分離症に効果的なストレッチについてご説明します。