ぎっくり腰にコルセット!効果性と使い方は?

スポンサードリンク

ぎっくり腰にコルセットは有効?

ぎっくり腰のコルセット

 

ぎっくり腰になったとき、コルセットを装着する方は多いと思います。

 

しかし、コルセットの効果性については、いろいろなウワサが飛び交ってますよね。

 

ぎっくり腰に使った方が良いという話もあれば、使うと筋肉が落ちるから駄目という話もあります。

 

では、果たして、ぎっくり腰にコルセットは良いのでしょうか?悪いのでしょうか?

 

ここでは、そんなぎっくり腰とコルセットに対する、様々な疑問を解き明かします。

ぎっくり腰にコルセット!するのが正解?しないのが正解?

ぎっくり腰にコルセットはするべきか?しないべきか?

 

一般的には、使用するのは良くないという意見の方が多いと感じます。

 

ただ、良い悪いの前に、コルセットには2種類あることを知らない方は多いです。

 

  • 硬性コルセット・・・ガチガチに固くするタイプのコルセット
  • 軟性コルセット・・・サポーターのような柔らかいタイプのコルセット

 

一般的に目にしやすいのは軟性の方です。

 

なので、ここでは軟性コルセットについてご説明します。

 

まずは、ぎっくり腰にコルセットは有効か?と言われれば、たった一言。

 

「目的による」ということです。

 

実際にヨーロッパでも日本でも、腰痛の治療指針(ガイドライン)には、コルセットやサポーターは使用すべきでないと書かれています。

 

しかし、これはあくまで「ぎっくり腰を治すのに有効ではない」という結果がでているだけです。

 

つまり、治すという目的と、サポートする目的を分けて考える必要があるわけです。

 

コルセットとは、あくまでもぎっくり腰をやった後の応急処置として使うもの。

 

まずは少しでも動けるようにする意味で、一時的に使うのであれば有効な手段となります。

 

結局は、何のために使うのか?という目的が大切なのです。

 

さらに、コルセットやサポーターを使うと筋肉が落ちるという話もよく耳にします。

 

しかし、これも長期間使った場合に限った話です。

 

むしろ筋肉が入りにくくなる急性期には、コルセットで絞めてあげることでおなかの筋肉が入りやすくなります。

 

感覚的にも、筋肉を使っている感覚が得やすくなるのです。

 

なので、コルセットやサポーターをむしろ使った方が筋肉の働きがよくなることもあります。

 

ぎっくり腰でコルセットやサポーターを使用する場合の最大の注意点は、コルセットやサポーターへの依存です。

 

  • 「私にはこれがないとだめだ」
  • 「コルセットなしでは動けない」

 

という考えになってしまうことが、最大の問題なのです。

 

なので、痛みの強い時期をやり過ごすという目的さえ忘れずに使っていれば、コルセットは非常に有効なツールと言えます。

 

では、具体的にはどのように使えば良いのでしょうか?

ぎっくり腰にコルセット!使い方が重要?

ぎっくり腰に対するコルセットやサポーターの使い方には、押さえるべき大切なポイントがあります。

 

それは、コルセットを締める位置です。

 

ぎっくり腰は腰が痛いので、どうしても腹巻のようにおなかと背中を巻くようにつける方が多いのです。

 

しかし、それではコルセットを効果的に使っているとは言えません。

 

実際は、骨盤を締めるようにして巻くことです。

 

いわゆる腰骨を中心にコルセットを巻くことで効果性が高まるのです。

 

実際、この位置に巻いてみると「お尻が包まれている」というくらいの高さになります。

 

そうすることで骨盤が締まり、お尻の筋肉や下腹部の筋肉などの腰の安定性を高めてくれるのです。

 

つまり、筋肉の力を補助するような働きをしてくれるわけです。

 

ただし、この位置に巻くと、ズレやすいというデメリットがあります。

 

 

なので、少し面倒ですが、可能な限り巻きなおすということを意識していただくと良いでしょう。

 

それともう一つ、ぎっくり腰にコルセットを使用する場合の注意点があります。

 

それは筋肉の働きを高める意識を持つことです。

 

ちょっと意味が分かりませんよね?

 

つまり、コルセットを使いながらも、自分でお腹の筋肉を意識的に使うと良いという話です。

 

例えば、単にコルセットに頼っただけでもお腹の内部の圧力は高まり、腰も安定します。

 

しかし、できれば「自分の筋肉」でそれを行った方が良いわけです。

 

なので、巻いたコルセットをお腹で前後左右に軽く押し返すように力を入れると、筋肉が働きやすくなります。

 

イメージとしては、横腹を横に膨らませるような感じです。

 

そして、しばらくコルセットをして、ぎっくり腰の痛みが緩和されてきたら、コルセットなしでも動けるようにしてください。

 

それと同時に、コルセットなしでもお腹に力を入れる習慣をつけていきましょう。

 

そうすることで、自分の筋力で腰を安定させられるようになるわけです。

 

コルセットの上手な使い方を覚えて、ぎっくり腰のツラい時期を乗り切ってくださいね!

ぎっくり腰にコルセットのまとめ

では、最後にまとめです。

 

今回は、ぎっくり腰に対するコルセットの有効性や使い方について説明しました。

 

まず、ぎっくり腰にコルセットはサポートの意味では有効です。

 

しかし、治すものではありません。

 

コルセットには依存せずに、痛みが緩和されたら外しましょう。

 

効果的な使い方は、巻く位置を腰骨の位置にすること。

 

そのまま使うだけではなくて、お腹の筋肉も使いましょう。

 

コルセットをうまく使って、ぎっくり腰のツラい時期を乗り切ってくださいね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

原因とメカニズム
ぎっくり腰にはいろいろな原因や症状、応急処置があります。魔女の一撃と呼ばれるあの痛みは本当に辛いですよね。ここではそんなぎっくり腰の原因やメカニズムについて書いていきます。
ぎっくり腰の症状
ぎっくり腰(急性腰痛症)の症状には、いろいろなものがあります。腰の痛みはもちろん、その痛みが左右のどちらに出るのか?腰以外の痛みはないのかなどなど・・・ここでは、そんなぎっくり腰(急性腰痛症)の症状や対処についてお伝えします。
歩ける
ぎっくり腰になっても歩ける場合と歩けない場合があります。歩ける場合には注意することはないのでしょうか?ここではぎっくり腰になった時に歩ける場合の症状や注意点、対処法について書いていきます。
応急処置
ぎっくり腰の応急処置はどのようにすれば良いのいでしょうか?ぎっくり腰は、なった直後にどうやって対処するのかにいって治りのスピードが変わります。ここれはぎっくり腰の応急処置や対処法についてご説明します。
安静の姿勢
ぎっくり腰(急性腰痛症)になった時、安静にするための「姿勢」に悩む方がいらっしゃいます。ここでは急性腰痛症と安静の姿勢についてご説明します。
リハビリ
ぎっくり腰(急性腰痛症)になった時、リハビリを行うかどうかについては賛否両論あるようです。ここではぎっくり腰に対するリハビリの効果性について説明します。
足つぼ
ぎっくり腰(急性腰痛症)になった時、足つぼで痛み緩和ができることをご存知でしょうか?ここでは、ぎっくり腰の痛みを、足つぼで取る方法についてご説明します。
椅子
ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因の一つに椅子が挙げられると言えば驚く方もいるかも知れません。ここではぎっくり腰と椅子の関係性についてご説明します。
繰り返す
ぎっくり腰(急性腰痛症)は、その性質上、繰り返すという方が結構多い疾患です。ここではぎっくり腰を繰り返す場合の原因や対処法についてご説明します。
予防
ぎっくり腰になって痛みに苦しむ前に、予防することは可能なのでしょうか?ここではぎっくり腰の予防について詳しくご説明します。
安静と仕事
ぎっくり腰(急性腰痛症)になった方が、どの位の安静にすれば仕事ができるのかは悩むことが多いようです。ここでは急性腰痛症の安静期間と仕事の関係についてご説明します。
痛みの緩和
ぎっくり腰(急性腰痛症)はある程度自分で痛みを緩和することが可能です。ここではぎっくり腰(急性腰痛症)の痛みを緩和する方法についてご説明します。
仰向けとうつ伏せ
ぎっくり腰になったとき、仰向けとうつ伏せのどちらが適切な寝方なのでしょうか?ここではぎっくり腰になった時の、仰向け寝とうつ伏せ寝のメリット・デメリットについてご説明します。
冷やす?温める?
ぎっくり腰を冷やすか?温めるか?ということで悩むケースは結構あるでしょう。ここでは、ぎっくり腰を冷やす場合と温める場合の、明確な違いについてご説明明します。
くしゃみ
ぎっくり腰がくしゃみで起きるケースがあります。ここでは、ぎっくり腰がくしゃみで起きる場合の原因や対処法についてご説明します。
寒気
ぎっくり腰になった時に寒気がするというケースがあります。ここではぎっくり腰になって寒気がする場合の原因や対処法についてご説明します。
労災認定
ぎっくり腰(急性腰痛症)は労災認定されて支払いがなされるのかついて、かなり気になる方もいらっしゃるでしょう。ここでは急性腰痛症の労災認定についてご説明します。
牽引治療
ぎっくり腰になった時に牽引治療が行われることがありますが、効果はどうなのでしょうか?ここでは、ぎっくり腰と牽引治療との関係性についてご説明します。
猫背
ぎっくり腰は猫背の人がなりやすいという話がありますが、本当でしょうか?ここでは、ぎっくり腰と猫背との関係性についてご説明します。
ぎっくり腰で選ぶ枕に、良い・悪いがあることをご存知でしょうか?ここではぎっくり腰と枕との関係性についてご説明します。
筋膜
ぎっくり腰と筋膜の関係をご存知でしょうか?レントゲンに異常が出ないのが、筋膜によるぎっくり腰の特徴の一つです。ここでは筋膜由来のぎっくり腰についてご説明します。
太もも
ぎっくり腰で太ももまで痛くなるというケースがありますが、何故なのでしょうか?ここでは、ぎっくり腰で太ももまで痛くなる場合の原因や対処法をご説明します。
正座
ぎっくり腰は正座だと楽だという方が多いようですが、どういうことでしょうか?ここでは、ぎっくり腰と正座の関係についてご説明します。
抜ける感じ
ぎっくり腰で腰が抜ける感じがするというケースがあります。ここでは、ぎっくり腰で腰が抜ける感じがする場合の原因や対処法についてご説明します。
肥満
ぎっくり腰と肥満には関係性はあるのでしょうか?ここでは、ぎっくり腰と肥満との関係性についてご説明します。
歩き方
ぎっくり腰になった時、楽になれる歩き方を知っておくと非常に役立ちます。ここでは、ぎっくり腰になった時の歩き方、動き方についてご説明します。
栄養
ぎっくり腰と栄養について考えたことがあるという方はいますか?ここでは、ぎっくり腰と栄養の関係性についてご説明します。
放置
ぎっくり腰を放置するとどうなるのか?そんな疑問をお持ちの方はいることでしょう。ここではぎっくり腰を放置するとどうなるのかについてご説明します。
サウナ
ぎっくり腰になったらサウナへ行くという方がいらっしゃいますが問題はないのでしょうか?ここでは、ぎっくり腰とサウナとの関係性についてご説明します。
耳鳴り
ぎっくり腰になった方によっては耳鳴りがするというケースがありますが、どういうことでしょうか?ここでは、ぎっくり腰と耳鳴りとの関連性についてご説明します。
症状が背中
ぎっくり腰の症状で背中が痛いというケースがありますが、どういうことでしょうか?ここでは、ぎっくり腰の症状が背中に出る場合の原因や対処法についてご説明します。
靴選び
ぎっくり腰の予防のために靴選ぎはとても大切です。ここでは、ぎっくり腰と靴選びとの関係性についてご説明します。
マットレス
ぎっくり腰にマットレス選びが重要だという話はお聞きになったことがある方も多いでしょう。ここでは、ぎっくり腰とマットレスの関係性、良い選び方などについてご説明します。