ぎっくり腰で安静!姿勢はどうしたら良いの?

スポンサードリンク

ぎっくり腰で安静にする!姿勢はどうするの?

ぎっくり腰で安静

 

ぎっくり腰は、ものすごく痛いですよね。

 

そのため、多くの方は「まずは安静にすることだ!」と楽な姿勢を探すのではないでしょうか?

 

  • しゃがむ?
  • うつ伏せになる?
  • 仰向けになる?
  • どうする?

 

きっと痛くない姿勢を探すのに慌ててしまい、頭がパニックになる人もいることでしょう。

 

では、いざ「ぎっくり腰」になった時、安静に過ごすためには、どのような姿勢が良いのでしょうか?

 

これは、ベッドなどに寝る場合と、椅子に座っている場合に分けられます。

ぎっくり腰で安静!姿勢は仰向け?うつ伏せ?

ぎっくり腰で安静にしておく場合、まずはベッドなどで「寝る」という方が多いと思います。

 

しかし、この「寝る姿勢」は、ぎっくり腰の時は結構むずかしいことが多いです。

 

というのも、安静にするために寝たはいいが、ぎっくり腰の痛みで起き上がれないなんてことが良くあるのです。

 

要するに、ぎっくり腰になったら安静に寝るだけではなく、次に起き上がりやすい体勢を取る必要があるわけです。

 

ではまず、仰向けの場合はどうでしょうか?

 

実は、仰向けは、楽であるはずだと思ってる人は多いですが、ぎっくり腰に限らず「腰痛全般」において、かなりハードルが高い姿勢です。

 

うつぶせが楽という人が、たまにいますが、寝返ったり、起き上がったりするのが大変なのでお勧めしません。

 

じゃあ、どうすれば良いのか?

 

ぎっくり腰の時には「横向きに寝る」のが最も安静がとれ、かつ起き上がりやすいということになります。

 

ぎっくり腰で寝る場合は、「横向きに寝る」と覚えておきましょう。

 

では、椅子(いす)に座った場合はどうなるのでしょうか?

ぎっくり腰で安静!椅子に座る場合はどうする?

ぎっくり腰で安静にする場合の姿勢として、椅子に座っているというケースも多いかと思います。

 

もちろん、職場などでは寝ているわけにいきませんからね。

 

座って安静にする場合どのような姿勢がよいのでしょうか?

 

  • ピシッと背筋を伸ばすのが良い?
  • だらっとしておくのが良い?
  • もたれ掛かるのが良い?

 

実は、これはぎっくり腰の痛みの出方によっても違います。

 

なので「楽な姿勢をさがす」ということが大切です。

 

 

たとえば、ピシッと良い姿勢が楽なケースがあります。

 

その場合、背もたれとお尻の間をなるべく空けないように座ると、骨盤が安定して楽であることが多いです。

 

ただし「背筋をピンと伸ばす」という意識まで持つ必要はありません。

 

 

一方、背筋をまっすぐにすると痛いという場合は、さっきとは逆になります。

 

背もたれとお尻の間をあけて、背中の上の方で背もたれに頼ると良いでしょう。

 

そして、できれば腕で「椅子の座面」を支えて、腕で上半身の重さを支えると、楽なケースが多いです。

 

 

では、ぎっくり腰で安静にする場合の注意点などについて書いて行きます。

ぎっくり腰で安静な姿勢!注意点は?

ぎっくり腰で安静を保つ場合、姿勢の工夫や注意点はあるのでしょうか?

 

前述したように、仰向けは、ぎっくり腰にとってはハードルの高い寝方のため、あまりお勧めはしません。

 

ただ、どうしても仰向けで寝たいという方もいるでしょう。

 

その時には、膝の下に「大きめの枕」や「クッション」を置いて、膝がちょっと曲がるようにすると楽になります。

 

ただし、「横向きの姿勢」の方が、より楽であることが多いです。

 

横向きに寝て、膝の間に枕やクッションを挟み込みます。

 

そこへさらに、大きめのクッションなどを抱っこするようにすると、上半身も下半身も安定して安静が保ちやすくなります。

 

多くの場合、右左どちらから痛いほうを上にして横になると、楽なケースが多いようです。

 

次に、座っている姿勢の時の注意点です。

 

椅子に座ってる場合、背もたれにお尻をぴったりくっつけると楽なのは、前述しましたよね?

 

そこへ、さらに骨盤が後ろに倒れないようにするため、バスタオルを少し折ってからお尻の後ろ半分に入れるようにするのです。

 

すると、かなり腰が安定して、楽になることが多いです。

 

さらに、背もたれと腰の間に同じようにタオルやクッションを挟んでもらうと、これもまた安静を保ちやすくなります。

 

ぎっくり腰で安静を保つ姿勢には、工夫が必要です。

 

ちょっとしたことでかなり楽になりますので、いろいろと試してください!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

原因とメカニズム
ぎっくり腰にはいろいろな原因や症状、応急処置があります。魔女の一撃と呼ばれるあの痛みは本当に辛いですよね。ここではそんなぎっくり腰の原因やメカニズムについて書いていきます。
ぎっくり腰の症状
ぎっくり腰(急性腰痛症)の症状には、いろいろなものがあります。腰の痛みはもちろん、その痛みが左右のどちらに出るのか?腰以外の痛みはないのかなどなど・・・ここでは、そんなぎっくり腰(急性腰痛症)の症状や対処についてお伝えします。
歩ける
ぎっくり腰になっても歩ける場合と歩けない場合があります。歩ける場合には注意することはないのでしょうか?ここではぎっくり腰になった時に歩ける場合の症状や注意点、対処法について書いていきます。
応急処置
ぎっくり腰の応急処置はどのようにすれば良いのいでしょうか?ぎっくり腰は、なった直後にどうやって対処するのかにいって治りのスピードが変わります。ここれはぎっくり腰の応急処置や対処法についてご説明します。
コルセット
ぎっくり腰にコルセットを巻くというのは良く聞く方法の一つです。しかしその効果性については賛否両論あるように思います。ここではぎっくり腰に対するコルセットの効果性と正しい使い方についてご説明します。
リハビリ
ぎっくり腰(急性腰痛症)になった時、リハビリを行うかどうかについては賛否両論あるようです。ここではぎっくり腰に対するリハビリの効果性について説明します。
足つぼ
ぎっくり腰(急性腰痛症)になった時、足つぼで痛み緩和ができることをご存知でしょうか?ここでは、ぎっくり腰の痛みを、足つぼで取る方法についてご説明します。
椅子
ぎっくり腰(急性腰痛症)の原因の一つに椅子が挙げられると言えば驚く方もいるかも知れません。ここではぎっくり腰と椅子の関係性についてご説明します。
繰り返す
ぎっくり腰(急性腰痛症)は、その性質上、繰り返すという方が結構多い疾患です。ここではぎっくり腰を繰り返す場合の原因や対処法についてご説明します。
予防
ぎっくり腰になって痛みに苦しむ前に、予防することは可能なのでしょうか?ここではぎっくり腰の予防について詳しくご説明します。
安静と仕事
ぎっくり腰(急性腰痛症)になった方が、どの位の安静にすれば仕事ができるのかは悩むことが多いようです。ここでは急性腰痛症の安静期間と仕事の関係についてご説明します。
痛みの緩和
ぎっくり腰(急性腰痛症)はある程度自分で痛みを緩和することが可能です。ここではぎっくり腰(急性腰痛症)の痛みを緩和する方法についてご説明します。
仰向けとうつ伏せ
ぎっくり腰になったとき、仰向けとうつ伏せのどちらが適切な寝方なのでしょうか?ここではぎっくり腰になった時の、仰向け寝とうつ伏せ寝のメリット・デメリットについてご説明します。
冷やす?温める?
ぎっくり腰を冷やすか?温めるか?ということで悩むケースは結構あるでしょう。ここでは、ぎっくり腰を冷やす場合と温める場合の、明確な違いについてご説明明します。
くしゃみ
ぎっくり腰がくしゃみで起きるケースがあります。ここでは、ぎっくり腰がくしゃみで起きる場合の原因や対処法についてご説明します。
寒気
ぎっくり腰になった時に寒気がするというケースがあります。ここではぎっくり腰になって寒気がする場合の原因や対処法についてご説明します。
労災認定
ぎっくり腰(急性腰痛症)は労災認定されて支払いがなされるのかついて、かなり気になる方もいらっしゃるでしょう。ここでは急性腰痛症の労災認定についてご説明します。
牽引治療
ぎっくり腰になった時に牽引治療が行われることがありますが、効果はどうなのでしょうか?ここでは、ぎっくり腰と牽引治療との関係性についてご説明します。
猫背
ぎっくり腰は猫背の人がなりやすいという話がありますが、本当でしょうか?ここでは、ぎっくり腰と猫背との関係性についてご説明します。
ぎっくり腰で選ぶ枕に、良い・悪いがあることをご存知でしょうか?ここではぎっくり腰と枕との関係性についてご説明します。
筋膜
ぎっくり腰と筋膜の関係をご存知でしょうか?レントゲンに異常が出ないのが、筋膜によるぎっくり腰の特徴の一つです。ここでは筋膜由来のぎっくり腰についてご説明します。
太もも
ぎっくり腰で太ももまで痛くなるというケースがありますが、何故なのでしょうか?ここでは、ぎっくり腰で太ももまで痛くなる場合の原因や対処法をご説明します。
正座
ぎっくり腰は正座だと楽だという方が多いようですが、どういうことでしょうか?ここでは、ぎっくり腰と正座の関係についてご説明します。
抜ける感じ
ぎっくり腰で腰が抜ける感じがするというケースがあります。ここでは、ぎっくり腰で腰が抜ける感じがする場合の原因や対処法についてご説明します。
肥満
ぎっくり腰と肥満には関係性はあるのでしょうか?ここでは、ぎっくり腰と肥満との関係性についてご説明します。
歩き方
ぎっくり腰になった時、楽になれる歩き方を知っておくと非常に役立ちます。ここでは、ぎっくり腰になった時の歩き方、動き方についてご説明します。
栄養
ぎっくり腰と栄養について考えたことがあるという方はいますか?ここでは、ぎっくり腰と栄養の関係性についてご説明します。
放置
ぎっくり腰を放置するとどうなるのか?そんな疑問をお持ちの方はいることでしょう。ここではぎっくり腰を放置するとどうなるのかについてご説明します。
サウナ
ぎっくり腰になったらサウナへ行くという方がいらっしゃいますが問題はないのでしょうか?ここでは、ぎっくり腰とサウナとの関係性についてご説明します。
耳鳴り
ぎっくり腰になった方によっては耳鳴りがするというケースがありますが、どういうことでしょうか?ここでは、ぎっくり腰と耳鳴りとの関連性についてご説明します。
症状が背中
ぎっくり腰の症状で背中が痛いというケースがありますが、どういうことでしょうか?ここでは、ぎっくり腰の症状が背中に出る場合の原因や対処法についてご説明します。
靴選び
ぎっくり腰の予防のために靴選ぎはとても大切です。ここでは、ぎっくり腰と靴選びとの関係性についてご説明します。
マットレス
ぎっくり腰にマットレス選びが重要だという話はお聞きになったことがある方も多いでしょう。ここでは、ぎっくり腰とマットレスの関係性、良い選び方などについてご説明します。